コピー機の購入とリース

業務用のコピー機の導入はリース契約での購入が一般的と言われています。コピー機の利用方法には購入してしまうという方法もあるのに何故リース契約が一般的となっているのでしょうか。それぞれのメリットから見ていきましょう。

まずはリース契約によるメリットは初期導入費用の削減、最新機種の導入、コストの把握が容易である事、リース費用を経費として計上できる事が挙げられます。最新機種を購入しようとするとそのコストはかなり高くなってしまいます。リース契約でしたら初期費用を抑えつつ、最新型のコピー機を導入できるというのがメリットになるのでしょう。また、コピー機に関する費用を一括でリース費用として計算できるのでコストがどれだけ掛かっているのか一目瞭然となるのは経理を行う上で楽になりますし、経費として計上できれば会社を運営する上では助かるのではないでしょうか。

購入する際のメリットはそのコピー機を長期にわたって利用するのであれば費用は安く抑えることが出来る、購入したコピー機は会社所有となる、という事がメリットと言えそうです。長期にわたって利用しようと考えている場合はリース契約ではコストが高くついてしまう事が多いので、そうした場合は思いきって購入してしまうというのが良いでしょう。また、購入してしまえば自社の所有物ですので、本体の状態をなるべく綺麗に保つなどの気を使う必要はありません。細かいことを気にしたくないという方や、運用方法によっては適しているかもしれません。