賢く使い分けるべき

リース契約による利用と中古購入による利用、双方のメリットデメリットを見てきましたが、これらを踏まえた上でどちらがいいのでしょうか。

リース契約では長期間の利用時にはコストが高くついてしまいますが、初期費用は抑えることが出来ます。なので、そこまで激しい使い方をせず、あまり初期費用にお金を掛けられない、もしくは掛けたくないと考えているユーザーに向いている導入法といえるでしょう。中古購入では初期費用は高くついてしまいますが、長く使うのであればむしろ安上がりといえるでしょう。また、自社の所有品であるので多少激しい使い方をしても問題ないと言えます。長期的に高頻度でコピー機を使用するという場合には向いている導入方法です。どちらの利用方法もデメリットがあり、それは無視できるものとは言えません。

会社へのコピー機の導入をどの程度の期間行うつもりなのか、そして導入したコピー機をどの程度の頻度で利用するのか、会社の資産的にどのくらいの費用をコピー機の導入に割けるのか、こうした各ユーザーごとの条件を鑑みてコピー機の導入をリース契約で行うのか、中古購入で行うのかを決定していくのが賢い利用方法であると言えるのではないでしょうか