購入とリースの比較

メリットは見ていきましたが、逆にコピー機のリース契約と購入についてのデメリットはどのような点なのでしょうか。

まずはリース契約からですが、途中解約ができない事、所有権はあくまでもリース会社にある事、支払い総額は割高になる事がデメリットといえます。リース契約の多くは契約時に定めた期間までは契約を続けなければなりません。契約期間満了前の解約には違約金が発生してしまい無駄なコストが発生してしまいます。何らかの理由でもうコピー機を使用しないという状態になってもリース費用を支払い続け無ければならないというのは損な気もしますね。所有権や支払総額については前述した購入時のメリットと相対するものとなります。

購入する事のデメリットを見ていきましょう。初期導入費用が割高になる、中古購入の場合機種が型落ちの物である事、事務処理に負担がかかる、自由に処分は出来るが処分する際は自己負担になる事が購入時のデメリットとなります。中古購入の場合機種が型落ち品になるのは仕方のないことではありますが、最新機種には搭載されている筈の機能が使えない事でコストや業務に支障が出る場合も考えられます。また、中古品ですとこれまでにどのような使われかたをしてきたのか分からないので、想像以上に本体が摩耗している可能性もあります。初期導入費用や処分については所有する上では仕方のない事ではありますが、費用を捻出できるのかどうか経理と相談した方が良いでしょう。